ネット広告をやめても申し込みペースが2倍に!

ネット広告をやめても申し込みペースが2倍に!

株式会社 さくら祭典 様(海洋散骨サイト)

左から 森下専務様、浅原社長様、松本常務様

こんにちは。
岡山ウェブコンサルティングの黒瀨です。
岡山市にあるさくら祭典様に、海洋散骨事業のウェブコンサルティングからホームページのリニューアルまでお手伝いさせていただきました。
感想をお聞きしていますので、今後の参考にしていただけますと幸いです。

今回ご依頼いただいたきっかけを教えてください。

当社は岡山県南部で葬祭業を行っている会社です。
今回は、葬祭の中でも特殊なジャンルである「海洋散骨」について相談させていただきました。

当社では海洋散骨はもう10年行っていますが、まだまだ認知度も低いですし、もっといろいろな人に良さを知っていただきたいと思っていました。

新聞広告などもやったりしていましたが、思うように成果も出ず・・・
もっと根本的なてこ入れが必要だと感じていたんです。

当社にお声がけいただいたのはなぜですか?

ホームページの制作会社では「依頼した通りにはしてくれるけど、それ以上の提案がない」というジレンマを持っていたんです。
私としては、ホームページでもっとお問い合わせを増やしたいと考えていたのですが、その方法を提案してくれる人は少なかったですね。

黒瀬さんはいろいろな方法を知っていますし、素人の私たちにもわかりやすい言葉で提案してくれるので。
考え方をAB3Cなどの図に落とし込んで説明してくれるのは、理解しやすいし納得ができましたね。

最初は「ホームページをつくるのに、そんなことまでするの?」と思っていましたが、課題をきちんと解決するにはそれ相応の手間もかかるし、いろいろと聞けば聞くほどその大切さがわかりました。

具体的には何を課題と感じていたのでしょうか?

やはり認知度の拡大と、ニーズの掘り起こしです。

海洋散骨はまだ知らない方も多くて、知っていても特別な人が行っているようなイメージをお持ちだと思います。

ですが、実は潜在的な需要は大きくて、これから多様化する葬送のニーズにお応えできるとてもいいサービスだと考えています。
そこを世の中の方に知っていただくのが課題でした。

それをどう解決したのか教えていただけますか。

ポイントになるのは「潜在ニーズの掘り起こし」ですね。

そうですね。
海洋散骨のお客様のうち一番多いのは、釣りなど「海が好きだった方」です。

ですがヒアリングを重ねる中で、昨今の少子高齢化などにより「お墓を持たない方」、お墓を戻す「墓じまいを検討している方」がとても多い事がわかりました。

そこで、こういったニーズにも海洋散骨はぴったり合うと考え、潜在的ニーズの掘り起こしのためのコンテンツを少し用意しています。

具体的には下記のページになります。
http://www.kaiyoso.net/about#recommended


コンサルティングとホームページのリニューアルを進める中で、特に気を付けたことは何でしょうか?

一番時間をかけて考えたのは「ターゲットをはっきりさせること」と「強みを活かす差別化」です。

最初に黒瀬さんと一緒に、海洋散骨にはどんなお客様ニーズがあるのかを調べました。
海洋散骨を希望される方の多くは「海が好きだった方」には違いないのですが、実際の散骨はご家族が行う訳ですので、実は船に不慣れな方とか、ご高齢の方やお孫様が参加者になることが多いのです。

であれば、当社の船なら「安心・安全」というとても大きなメリットがご提供出来ますし、ゆっくりとお別れの時間を過ごしていただけます。

ターゲット層をはっきりさせたことで、強みがより活かしやすくなったということだと思います。


AB3Cをしっかり考えましたよね。

そうなんです。
以前から黒瀬さんには、AB3C分析の社内勉強会を何度か開いていただいて、役員と一緒に「さくら祭典にしかできないことって何だろう」といつも考えています。

実際にお申込みは増えましたか?

まだリニューアルしたばかり(2019年3月)ですが、有料のネット広告を止めたにも関わらず、7月現在ですでに昨年の申し込み数の2倍のペースになっています。

アクセス解析を見ても、以前のホームページと比べて滞在時間が4倍、閲覧ページ数も2倍になっているので、きちんと自分たちのご提供する価値が伝わっている実感があります。
手ごたえは感じていますので、とても期待しているんですよ。

確かに先日も2件決まりましたが、最初からご契約いただける前提で来られた方でした。
ホームページをご覧になって、特徴やメリットをしっかりご理解いただいていたからだと思います。

今までのホームページではお問い合わせいただいてもご説明後に再検討される方や、考えなおされる方も多かったのですが、今のお客様はほとんどがホームページを事前にチェックして「申し込み前提」で来られる方がほとんどです。
この差は営業現場にとっては大きいですね。

それでは最後に、これからの展望を教えて下さい。

まずは海洋散骨の年間売り上げの倍増を目指しています。

そのためには当社の選ばれる理由をもっと強くしていかなければと考えています。
3C分析で課題は見えているので、そこをもっと改善していくことですね。

そのために、岡山ウェブコンサルティングさんには、定期的な勉強会をお願いしました。

当社は若いスタッフが多いし、企画部やマーケティング部などの専門部署がありません。

そこで、これからを担っていく幹部候補の社員と一緒に、当社の選ばれる理由をつくって、それを落とし込んでいきたいと思っています。

ホームページの成長と一緒に、社員の成長も期待しています。

私たちの考えるウェブコンサルティングとは、ネット時代の「選ばれる理由」を一緒につくっていくことです。
それには新しい時代の人材を育成することもあわせて行っていくことが必要ですね。

さくら祭典の皆様、おいそがしい中誠にありがとうございました。
これからも末永く、よろしくお願いいたします。


「選ばれる理由」を明確にした、さくら祭典の海洋散骨サイト https://www.kaiyoso.net/


ページ
上部へ