ウェブコンサルティングブログ - デジタル変革(DX)


先日、お客様の役員会に参加してクロスSWOT分析を用いた新戦略会議を行いました。
アフターコロナ・DXによって変化した競争環境に対応して、新しい戦略や新規事業を検討したいという企業がものすごく増えているように感じます。
その際にこのクロスSWOT分析は役立ちます。
今回のように役員会で話をまとめる際や、社員研修に活用するのもアリです。
参考までに当社の内容を(手前味噌ですが)アップしていますので、ぜひ参考になさってください。


クロスSWOT分析
クロスSWOT分析の例


さくら祭典の役員の皆様と定期的にDX会議を行っています。

DXというのは社内のデジタル化や業務の効率化はもちろんのこと、世にデジタルが浸透することによっておこった消費者の行動変化への対応、また従来の垣根を超えた競合への対応が必要です。

つまり、自社のことだけでなく、
・お客様(Customer)
・競合(Competitor)
・自社(Company)
の3C全体で考えることが重要で、私たちはさらに、
・求める価値(Benefit)と
・差別的優位点(Advantage)
というAとBも加えて、AB3CでDXの時代の選ばれる理由を定義しなおしています。

さくら祭典の役員の皆様、今日も長時間お疲れさまでした!


この記事は分かりやすいですね。
ぜひ参考に読んでいただきたいです。

https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/ONB/21/aws0831/?P=2

DXの時代に企業が成長するために必要な思考
①経営トップがDXの本質を理解し、単なるITツールの導入だけでなく「事業の再構築に強い覚悟」を持つ
②失敗を恐れず次の挑戦に向けて必要なプロセスと捉える
③マーケットイン(顧客視点の商品開発)を重要視してマーケティングを行う

続いてこの記事もわかりやすいです。
https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/ONB/21/apptio_1005/?P=2

DXを阻害する4つの足かせとそれを乗り越えるチャレンジ

①経営者のDXのとらえ方がバラバラで戦略が定まらない
②デジタルと現場と経営とを紐づける人材不足
③現場を中心としたにDXに対する抵抗により経営との間に断絶が起きる
④古いITシステムが足を引っ張っている

DXに本来必要な人材はエンジニアではなく「デジタルで何ができるか」と「自社のビジネス」を共に理解している人材。
でも経営陣にITの知識がない。IT部門はビジネスのことを知らず、ビジネス部門はITのことを知らない。
そのためまずはITに比較的明るい若手に挑戦させるカルチャーを持つこと。
そのための環境と時間と教育を用意する覚悟を持つことです。


DXというと自社のデジタル活用のことを指すことも多いですが、本質はデジタルによって起こった世の中の環境変化への対応。すなわち「デジタル社会に求められる自社の提供価値の変革」が必要です。
このあたりを動画にまとめましたのでご覧ください。




上の図は経済産業省が作成しているDX推進指標のサマリーです。
少しわかりにくいですが、DXを推進していくうえで重要なポイントが記されています。

この中で特に重要なのは経営者のビジョンとコミットメントです。
将来におけるディスラプション(既存ビジネスモデルの破壊)を誰よりも理解し、そこに対応する覚悟をもてるかどうか。
そしてそれに向けて具体的な組織・予算・人事評価などが明確化され、実践されているかどうか。

まだ様子見。だからなんとなくDX。徐々にDX。これではこの変化のスピードにはついて行けないと考えます。
最終的にもっとも重要なのは経営者自身の覚悟なのです。


ページ
上部へ