ウェブコンサルティングブログ


こんにちは黒瀬です。

9月11日 中小企業の「ウェブ活用」と「イノベーション」セミナーを開催しました。

第一部は私がAB3Cの基礎的なお話と、さくら祭典様の海洋散骨事業の事例紹介。
そして第二部はウェブコンサルタント協会の権成俊氏による、差別化とイノベーションの事例をご紹介していただきました。

参加者の皆様のアンケート内容にも多く書かれていましたが、いま既存企業のほとんどが成熟期か衰退期を迎えています。

さらにインターネットの登場で商圏の垣根がなくなり、競合は爆発的に増え、ユーザーが情報を得たので、どこでも売っているような商品・サービスではもう簡単には売れません。

このネットの時代において必要なのは、明確な差別化「選ばれる理由」です。

ではどうやったら「選ばれる理由」を作ることができるのか。

今回のセミナーはこのあたりを事例を元にご紹介させていただきました。

また後日このセミナー内容は動画でご紹介しようと思っていますので、ぜひサイトを覗いてみてください。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



7月8日 ネット時代の選ばれる理由をつくるAB3C道場を開催しました。

AB3Cのセミナーはこれで4回目となります。

今回の題材は、古南設計室様。

一般住宅の業界は、大手ハウスメーカー・地元工務店・設計事務所など、様々な企業がひしめくレッドオーシャンです。

その中でどう差別化を行っていくのか。

また、考えないといけないのは新築住宅業界の衰退です。

新築住宅の着工数は2030年までに4割減少すると言われており、このように業界自体が減退していく中ではイノベーションを検討していかなければなりません。

それも踏まえ、参加者の皆さんで古南設計室の選ばれる理由を検討しました。

皆さんに感想をいただいていますので、ご紹介させていただきます。

◆株式会社 倉森建築設計事務所 倉森様

講習内容は大変分かりやすく、受けている段階では理解できたつもりでいましたが、いざ実践、と3Cを考えたところ、ベネフィットと差別的要因が大変難しく、またライバルの設定をどうすればいいかを思いつくことが難しかったので、まだ理解が足らないと思いました。

具体的に行動すべきところを数々示していただけたので、実践してみる意味はある、と思いました。  
また、話の内容を案外皆さんがとても納得していただいたので、きちんと話せば伝えたいことが通じることに自信が持てました。

意欲のある方にはぜひ参加をお奨めします。

◆株式会社岡山総合広告社 吉田様

実際にヒアリングしてワークショップ形式で学べる機会は少ないため参加しました。
ヒアリングの方法。クライアント様からの情報の引き出し方などが参考になりました。



5月24日 ネット時代の選ばれる理由をつくる「3C道場」を開催しました。

参加者の山田さんの事業「おかやま2次会コンシェルジュ」を題材に、みんなで3Cを考えます。
このセミナーではモデル企業さんは自社の3Cについて見直すとともに客観的な意見をもらえ、
他の参加者さんはそれらを自社に置き換えて考えたり、他の方の考え方を参考にすることができます。

最後には「次回はまたこの3人であつまってやりたいね」と言っていただけました。
感想をいただいていますので、ご紹介させていただきます。

◆フェイス 山田 響子 様
黒瀬さんのお話が誠にわかりやすかったです。
新しいひらめきがどんどん出てきて
早速ブログなどに活かします。
サイトリニューアルのタイミングで受講出来てラッキーでした。
Web集客する全ての人、特に小売りなどグローバル化の影響が大きい人にはおすすめです。

◆ラヴィール岡山 長 一孝 様
マーケットが変化していく中、自社の魅力と戦略を考えたく参加しました。
サービス業全ての皆様にこの講座はおすすめです。
ターゲットを考え、おそらく10以上の3C分析をした後、
そのプランや広告などのデザインを的確に各ターゲットにぶつけていく方法を考えたいです。

◆岡山総合広告社 吉田 周司 様
自身が行っている広告業で将来を考えた時にコンサルの分野も勉強しないといけないと思っていたところ今回のセミナーのお誘いをいただいたのがきっかけです。
3C+ベネフィットと差別的優位点の組み合わせが重要だと感じました。
HP制作会社のディレクターには特におすすめです。
さらに深く踏み込んだセミナーをされる時は教えて欲しいです。


従来の差別化戦略といえば、「商品、客層、地域の絞り込み」が基本でした。
絞って絞って、その道の1番になれば選ばれるという考えです。

ですが、インターネットのある現在では、それだけでは不十分と感じます。

1.商品の絞り込み

商品を絞り込むというと、商品カテゴリなど、従来の商品・サービスを絞り込んで扱い、そうすることでその道のプロになって地域で1番になるというイメージですが、そもそも商圏が無くなり、どこでもどんな場所でも商品が探せる時代ではそれでは不十分です。
それは、その商品を扱っているのがどこにでも存在する時代になったからです。

いま必要なのは、単に扱い商品を絞るのではなく、お客様の求める価値を細分化し、それを叶えることのできるオンリーワンの商品・サービスを持つということです。

2.客層の絞り込み

客層という考え方はいろいろあります。
性別や年齢層、個人向けや法人向けなど様々です。

ですが、法人向けに作った専門用具のサイトで個人が買ったり、10代の女性向けのアパレルサイトで40代の女性が服を買ったりすることはよくある話です。

ネットの最大の恩恵は、自分の価値観にあったものを探せるようになったことですから、求める価値で絞り込む方が、この時代にはあっています。

3.地域の絞り込み

その地域で1番になればお客様から選ばれます。
地域密着の業種であれば、それがベストの場合ももちろんあります。
また、移動のロスなどを考えると、とても効率的です。

ですが、商圏がなくなったこの時代においては、それでは成立しない業種も多くなりました。
全国の同業者と比較され、アマゾンや楽天といった巨大企業とも戦うのが今の時代です。
逆にスーパーニッチな商品を全国に売ることができるとも言えます。

それではどうしたらいいでしょうか。

絞って絞って、何かで1番になれば選ばれるということ自体は変わりません。
ですが、扱い商品がどこでも買える商品・サービスならどれだけ絞っても1番にはなれず、差別化も難しくなります。
お客様のニーズを細分化して考え、本質的に解決したい課題は何か、どういう価値を求めているかを調査・分析し、それに対して他社では提供できない価値を自社なら提供できるとなれば、そこに選ばれる理由が出来上がります。


ウェブコンサルタントの仕事と言えば、「ホームページをつくること」だったり、「ネットを使って集客をすること」とお考えの方が多いようですが、私の考えることは少し違います。

ネットの登場で消費者が情報を手に入れ、日本中の競合社と比較されるこの時代。

この新しい時代にあった事業戦略をクライアント企業と一緒に考え直すのが、ウェブ時代の戦い方を理解したコンサルタント。

すなわちウェブコンサルタントです。

私は分かりやすいように家電量販店によく例えるのですが、例えば地域に根差した家電店にとって、昔の競合と言えば、大型家電量販店でした。

駅前に大きなビックカメラができ、街中にヤマダ電機やコジマなどの大型店が出店して、それぞれが「地域最安値」をうたい、小さなお店はそれに対応しようと努力していたと思います。

家具店ならニトリやIKEA、商店街なら巨大ショッピングモールが大きな競合として存在していました。

しかしインターネットの登場で、市場は一変しました。

地域の商圏という垣根がなくなり、日本中の同業者が競合となったのです。

さらに、アマゾンといった世界規模のお店とも比較されます。

家電量販店の場合、ほとんどがどこで買っても同じものが届く仕入れ型番商品です。

他の業界でも、完全な型番商品でなかったとしても、ほぼ似たような商品が日本中にあふれています。

そのような状態の中、いままで扱っていた商品・サービスを、そのままホームページに掲載し集客をして、お客様から選ばれるでしょうか?

これが、いくらホームページをつくっても、リスティング広告で集客をしても成果が出ない理由です。

では、どうしたらいいのか。

消費者は自らの価値観やニーズにあった自分のためだけの情報を手に入れることができるようになりました。

いまはニッチだけど本当に求められている商品・サービスを全国のお客様に提供できる時代です。

つまり、ネットであってもリアルであっても、お客様の求める価値に即したオンリーワンの商品・サービスを提供するしか道はありません。

ウェブコンサルタントはネットの登場でできた超競争時代に対応するための、オンリーワンの商品・サービスを一緒になって作りあげ、消費者にお届けするパートナーです。

ウェブコンサルタントの仕事に興味のある方は、一般社団法人ウェブコンサルタント協会をぜひ覗いてみてください。


ページ
上部へ