ウェブコンサルティングブログ

アマゾンにはできない強みを


本・文房具・衣料品・家電・食料品・・・いま小売り業界は日本中の競合と戦わなければならないようになりました。

それはアマゾンを代表とするネットショップの台頭による影響です。

アマゾンだけにとどまらず、いまあらゆる分野でネットショップができており、それらは従来の市場の垣根を越えて競合となっています。

そのような中で、地方のお店が生き残り、発展していくためにはどうしたらいいでしょうか?

それはアマゾンや他のネットショップにはできない分野で強みを発揮することが重要だと考えます。


アマゾンに負けない3つの施策


地方のお店がアマゾンと同じ土俵で勝負しても勝ち目がないのは明白です。

そこには最安値合戦しか待っていません。

ですからやはり、アマゾンができないことや、競合しない部分で戦うことを考える必要があります。

それには大きく分けて3つのことが考えられます。


①オリジナル商品


一つ目はオリジナルの自社商品を作ることです。

仕入れ商品、特に型番商品は最安値のネットと比較されます。

ですから安く仕入れてなるべく高く売るというやり方はもう通用しません。

どこでも売っている商品ではなく、自社のオリジナル商品であれば、値段だけで比較されることはありません。

大量販売を主とした大手がしないような、ニッチな独自商品の開発・販売がいま必要です。

それにはお客様の価値観を細分化して考え、どんなニーズがあるのかを知らないといけません。


②モノ消費でなくコト消費


上記のように、ただモノを買うだけなら、どこにいても購入できる時代です。

ですが、その商品を試しに使ってみたり、イベントでみんなと喜びを共有したりと
その空間でしか得られない体験は、ネットショップやアマゾンにはできません。

足を運んでまで得たい体験があれば、そこは選ばれる理由があります。

お客様が欲しいのはその商品そのものでなく、商品を通して得たい本質的な価値があるのです。


③ガイドサービス


接客やガイドができるのが実店舗最大のメリットです。

例えばお酒を飲む人がいつも買っているビールを買うだけならアマゾンでも購入できますが、いつもと違う雰囲気で飲みたい時や、大切な人にギフトを贈りたいシーンなら、「どう選んだらいいだろう」という気持ちがあり、そこで発揮されるのはお酒に詳しい店員さんのガイドです。

つまり、すでに買いたいものが決まっている場合はアマゾンの強みが発揮されますが、まだそこがボンヤリしていて迷っているなら、実店舗に強みがあります。

ですからお店は、ただモノを売るのではなく、お客様のお困りごとを察知して解決へ導くサービス業にならなくてはならないのです。


他の業種にも選ばれる理由を


アマゾンは、これからは小売りだけでなく旅行や通信インフラ、保険、広告などのサービス業にも進出していく可能性があります。

そしてすでに多くの業界でネットの登場による垣根を超えた戦いが始まっています。

これからの時代は、多くの競合と比較された際にも「選ばれる理由」が明確になっているお店が、強く、生き残り、発展していくと考えます。


全国講師オーディションに参加しています。

私は全国を飛び回る講師になりたいわけではありませんが、自身の事業をみなさんに知っていただくための動画を撮影してくれるいい機会があるとお誘いを受け、参加させていただきました。

講師というお仕事を本業にしている方は何人か知り合いにもいますが、こんなにも熱く想いを語る方々を目の前にすると、本当に自分も頑張らなきゃという気にさせてくれます。

多くの人を元気にする講師という仕事も素敵だなと感じました。

私はいつもお客様にお伝えしている内容を10分にまとめ、「Webで売上・利益をあげるには」というテーマでお話させていただいています。

最後、時間が無くなって慌てまとめに入っているのはご愛敬。

分かりやすく話せたと思いますので、ぜひ聞いてみてください。



動画はこちらからご覧ください









ウェブで選ばれる理由を作る3C分析のセミナーを開催しました。

最初に3C分析を学び、そのあとは参加者の代表が自身の3Cを発表し、それをみんなで意見を出し合うディスカッションの2部構成です。

ディスカッションでは客観的な意見が飛び交い、モデルケースの方だけでなく、答える側も自身の3Cを考えるいい機会になったと大変好評でした。



インターネットとスマホの登場で世の中が大きく変わりました。

便利になったというだけでなく、従来の商売のやり方が通用しなくなったのです。

それは、グローバル化・比較検討材料の多様化・情報の流れの逆転などにより、従来の市場の垣根がなくなり超競争時代になったことに起因します。

それを考えず、ネットができる前の事業モデルのままウェブの活用やホームページ制作を行っても効果は期待できません。

この時代においては、お客様の細分化された本質的な求める価値を理解し、ライバル企業と比較された際に好ましい違いを明確にする「選ばれる理由」を作ること。
そしてそれをウェブだけでなく、あらゆるお客さまとの接点で表現していくことが重要です。

この選ばれる理由を作るためにおこなうのが、3C分析です。

次回は9月20日(木)14時からです。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

▼詳細はこちら
https://www.internet-strategy-marketing.org/service/fy2018/3cvideo.html










岡山丸の内ロータリークラブ様で、ウェブ戦略、3C分析についてお話させていただきました。

例会中の卓話の時間でお話をさせていただきましたが、限られた時間の中で不特定多数の参加者様に対し、どういった内容がふさわしいのか悩みました。

でもやはりここはブレずに、ネットとスマホの登場による競争環境の変化と、選ばれる理由を作るための3C分析を中心にお話をし、参加者の方からも分かりやすかったとお声をかけていただけました。

中でも受付を担当されていた事務の女性の方にも、「私でも理解できるくらいわかりやすくて、伝え方がすごく上手ですね」とお褒めの言葉をいただけました。

皆様ありがとうございました。



今、日本の人口構造が大ききく変わってきていますよね。
人口構造が変わると、世の中のニーズも変わるので、イノベーションの機会は増えてきます。
少子高齢化。今の日本は全人口のうち高齢者が21%を超える「超高齢社会」です。


右のグラフは、岡山県の人口構造を示したものです。
現在はご存知のように団塊世代(1947年~1949年生まれ)と、私のような団塊ジュニア世代(1971年~1974年生まれ)がとても多い構造になっています。

これから益々高齢化し、20年後に一番多い世代は60歳代となります。
また、日本の人口がどんどん減っていくことは周知の事実だと思います。
ですから、商品やサービス・消費の考え方は、これらを意識したものと変化しています。

出典:岡山県統計分析課こども向け統計サイト


左のグラフのように、一般的には介護事業やシニア向けサービスなどが考えられます。
儲かるかどうかは別の話ですが、市場規模が増えているのは間違いありません。

出典:みんなの介護


面白いのが、意外にもネット通販も実は中・高齢者が支えているということです。
右の表のように、インターネット利用者に限定すると、実は20代・30代よりも、50代・60代のほうがネットショッピングを活用していることが分かります。

出典:総務省「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」(平成27年)

詳しくは省きますが、「安さ・品揃え」といったニーズは若年層。「出かけなくていい」「重い荷物を持たなくていい」といったニーズがあるのが高齢者(子育てママも)と言われています。

小売り以外のサービス業においても、お年寄りが「今、ホームページを見とるんじゃけど・・・」と電話してこられるケースが、とても増えています。

つまり人口構造の変化は、買い物ニーズの変化にも直結する可能性が高いと考えます。

これから10年先、20年先を見据えて、どのような方々に、どのような価値を提供するのかを考えるのが、戦略でありイノベーションへのチャレンジとなります。

ちなみに、人口構造はエリアによって異なりますので、地域密着型のビジネスをされている方は注意が必要です。
極端な例ですが、下記のグラフのように、東京都と岡山市と鏡野町では、この年齢構成が全く違います。
人口構造・年齢構成の変化は、あらゆる商品・サービスにニーズを生み出します。
社会ではどのような問題点(=機会)が生まれようとしているのかを見極めるのが、イノベーションの第一歩です。


ああああああ


ページ
上部へ