ウェブコンサルティングブログ

今あらゆる業界でネットサービスが登場しています。
小売りで最もEC化率の高い「事務用品・文具」は40%近くがネットによる販売です。
金融や旅行といったサービス業においても、どんどん新しいネットサービスが登場しています。

今回は、この「ネットサービスとの競合」が多い業界と少ない業界で、その特徴と課題を整理してみました。
ネットサービスとの競合が多い業界は、商圏の垣根を超えたライバル企業が多い業界ということになります。

※ネット上の競合の量では有りません。あくまでもネットサービスが多いか少ないかが指標になります。
※ネットサービスが少ない業界でも、限られた商圏の中でネット上の競合はもちろんあります。



(1)ネットサービス競合がほぼ無い業種

▼特徴
直接手を動かす業種や施設などが多い。
リクルートなどのポータルサイトが多い業種。
ローカルエリアでの実競合が中心となるが、ポータルサイトやネット経由の申し込みなど間接的な競合もある。

▼課題
ポータルサイト依存が問題となり、いかに集客コストを下げて自社メディアで集客できるかが課題。

(2)ネットサービス競合が少しある業種

▼特徴
ローカルエリアでの実競合がありながら、大小のネットサービスが登場してきている。
士業や教育などの知的サービス業が多い。

▼課題
実競合はもちろん、ネット競合を意識して強みを発揮していくことが課題。
今後、ネットサービスとの直接的な戦いが増える可能性が高い。

(3)ネットサービス競合が多い業種

▼特徴
楽天が参入している業種がほとんど。
商品やサービスを仕入れて売る業種が多い。
ネットサービスと直接的な戦いとなる。

▼課題
ネットサービスとの差別化。
仕入れ商品・型番商品でなく、いかに自社オリジナルの商品・サービスを開発できるか。
自社のネットサービスへの参入。

(4)ガチンコ勝負の業種

▼特徴
当然ながらネットサービスと直接的競合となる。
ネットショップ単体の企業は、楽天などのポータルサイトを利用しているところも多い。
実店舗+ネットショップを運営している会社も多い。

▼課題
ネット広告赤字、ポータルサイト依存からの脱却が課題。
今後いかに広告予算をかけず、自社メディアで集客して販売するか。
どんどん増えるネットショップ・ネットサービスの競合に対して、どう差別化するか。


来年から小学校でプログラミング教育必修化と聞いて「プログラムの知識をそんな小さな子が?」と勝手に勘違いしていた私。

文部科学省のサイトによると「プログラミング的思考」という資質・能力を育てるということのようです。

◆「プログラミング教育」とは
子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うように指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、 時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育成するもの。コーディングを覚えることが目的ではない。

◆「プログラミング的思考」とは
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合 せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力。

出典:新学習指導要領 (小学校及び中学校:平成29年3月告示) ~情報教育・ICT活用関連部分のポイント~

急激に進む世界のIoTに対して、大幅に不足しているIT人材を育成するという意味も、もちろん意識していると思います。

ですがそれより「現在の小学生の65%は大学卒業時に今は存在していない職業に就く」と言われている通り、将来どういった仕事をするのかわからないし、さらにその10年後にまったく違う仕事に転職する可能性も大きいわけです。

ですから、物事を考えるには手順があり、手順を踏むと物事をうまく解決できるといった、論理的に考えていく経験と力を身につけ、どういった時代でも変化対応して自ら切り開いていける人を育てるという意味が大きいようです。

私の場合はマスメディア広告の世界からウェブの世界へ。
そしてウェブ制作からネット広告ときて、ウェブコンサルティングと変化しました。

この時代においては「いかに変化に対応できるか」「自ら考え行動できるか」といった資質が問われるのではないかと思います。

平成最後の年。
昭和時代にできたビジネスモデルの多くが大きな転換期に来ている今も、イノベーションを起こせる人材は、このプログラミング的思考が必要なのかなと考えさせられました。



12月10日。児島YEG(商工会議所青年部)様の例会におじゃましてウェブ戦略と3C分析についてセミナーを開催しました。
年の瀬にも関わらず、たくさんの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。
懇親会でも熱心にご質問をいただき、皆様の本気度が伝わるいい会になりました。

今回のお話のポイントは大きく分けて3つにしました。

①イノベーション


青年部の方は50才以下の若手経営者さんということで、事業継承のタイミングの方が多いと考え、これからはイノベーションを意識していく必要があることをお伝えしました。
いま昭和時代に作られた多くのビジネスモデルが衰退期に突入しつつあります。
これからの時代は差別化だけでなく、これまで積み重ねた強みを活かして、次のステップに進まなければなりません。

②ネットとスマホの登場で3つのことが変わった


いつもお話している内容ですが、一番重要なのは「ユーザーが自分だけの価値観に合う情報を手に入れられるようになった」ということです。
このあたりはHPでも解説させていただいています。

③選ばれる理由をつくる3C分析


そしておなじみの3C分析です。
お客様の求める価値には大きく分けて「商品自体に求める価値」と「本質的に求める価値」があります。
お客様層と求める価値を細分化して考えるのがポイントになります。

弊社では、このように各種団体様へ出張セミナーをさせていただくこともあれば、企業様ごとにカスタマイズした社内向けセミナーも開催させていただいています。
特に、企業内のスタッフさんに戦略を理解していただくには社内セミナーを実施するのは有効だと考えます。
是非お気軽にご相談ください。



日本のEC化率(全売上に対するネット販売の割合)は右肩上がりで増えています。
先日ある調査で2017年のEC化率を調べましたが、事務用品・文房具の約40%はネットで買われているという事実。
家電製品も約30%です。

地方のお店にとって、今までの商圏は限られていました。
私の暮らす岡山市なら、商圏は市内中心部とか、中区のこの辺りとか、だいたいの商圏は決まっていました。

しかしネットとスマホができてその垣根は無くなっています。
お店は全国のユーザーに商品やサービスを提供できるようになりました。
逆にライバルも格段に増えたのです。

商品の40%をネットで買う時代。
あなたのお店がお客様から選んでいただくには、何が必要でしょうか?



続いて上記は2017年のサービス業のEC化の伸び率です。
やはり飲食店や理美容の伸びがすごいですね。
これはネット予約が増えているからと思われます。
ネットを見てTELするのは含まれてないでしょうから、これを入れるともっとだと考えられます。

あとは旅行業界のEC化はご想像の通り早いです。
ホテルの予約や旅行の手配はネットでされる方も多いのではないでしょうか。

※サービス業のEC化率の数字は資料にはありませんでした。

※出典:経済産業省「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)



昨日はウェブで選ばれる理由を作るための3C分析セミナーを行いました。

地元企業の方にも少しずつ「ホームページで売上をあげるためにアドバイスが欲しい」と、お問い合わせをいただけるようになってきました。

本当にありがとうございます。

3C分析セミナーは次回は11月に開催予定です。
日程は調整しますので、ご興味のある方はぜひご連絡ください。


ページ
上部へ