ウェブコンサルティングブログ

トヨタはEVで世界に遅れととったのか

ここ最近の私の最大の関心ごとです。
世の中では脱炭素の流れで米国や欧州で20〇〇年までにガソリン車の販売を無くすなどの報道があふれています。
その中でテスラが時価総額でトヨタを抜き、日本勢の出遅れ感が目立っています。

また内燃式の水素エンジンにこだわるトヨタは国内自動車産業と雇用を守りたいだけなんじゃないかという声も聞こえてきます。

本当にそうなんだろうか。
トヨタは単にガラパゴスの道を歩んでいるんだろうか。
そんな疑問を持っていました。

その疑問の答えの一つに、「長距離移動動力」がありました。
電気自動車のバッテリーとモーターの能力の発展はめざましいものがあり、「自家用車」の動力には最適です。
しかしトラック、船舶、バス、鉄道などの「長距離の動力」と耐久性・パワーにはまだまだ不向きで、そこに従来のエンジン技術の活かし方と水素の可能性が隠されているようです。
しかも、この長距離移動の動力の方が市場は大きいと。

ちなみに長距離トラックの生涯航続距離は200万kmにもなるそうで燃料電池だと耐久性で厳しいようです。

確かにトヨタは何年も前に、これから単なる自動車メーカーではなくモビリティカンパニーへのイノベーションを行っていくと宣言されています。
まさに私は木を見て森を見ずでした。

ああ、だから水素エンジンで24時間耐久レースに出てるんだな。

私自身は自動車やエンジンのことは素人ですが、これからのDXやイノベーションには大変参考になるお話しでした。

また、自家用自動車の分野においてもまだまだ可能性はあるようです。
ハイブリッドで世界の主権を取ったトヨタが、次に取ろうとしているのはどのポジションなのか、これからも着目していこうと思います。

我々中小企業は特に単に世の中の流れに合わせて他と全く同じことをしていても大企業には資本力で負けてしまいます。
時流と需要に合わせてイノベーションすることは重要ですが、その中でもどのようなポジション(特にニッチなポジション)につくかということが最も重要だなと考えさせられました。



先日オーニット様でDX思考育成プログラムの中級編「DX思考の人材育成 セミナー&ワーク」を行わせていただきました。

コロナ対策で一躍有名になったオゾン除菌脱臭機ですが、その分多くの新規参集者が登場しています。
オゾン発生器で最も歴史がありパイオニアである同社が、これからどのようにしてDXの時代に差別化を遂げ、成長を続けていくのか。

当日はお客様が求める価値(ベネフィット)を、ニーズとウォンツという2つの段階にわけて、楽しくワイワイとディスカッションを行いました。

これから、社内からボトムアップ式に変革を作り上げるマーケティング人材を全10回の研修とワークで育成していきます。


この記事は分かりやすいですね。
ぜひ参考に読んでいただきたいです。

https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/ONB/21/aws0831/?P=2

DXの時代に企業が成長するために必要な思考
①経営トップがDXの本質を理解し、単なるITツールの導入だけでなく「事業の再構築に強い覚悟」を持つ
②失敗を恐れず次の挑戦に向けて必要なプロセスと捉える
③マーケットイン(顧客視点の商品開発)を重要視してマーケティングを行う

続いてこの記事もわかりやすいです。
https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/ONB/21/apptio_1005/?P=2

DXを阻害する4つの足かせとそれを乗り越えるチャレンジ

①経営者のDXのとらえ方がバラバラで戦略が定まらない
②デジタルと現場と経営とを紐づける人材不足
③現場を中心としたにDXに対する抵抗により経営との間に断絶が起きる
④古いITシステムが足を引っ張っている

DXに本来必要な人材はエンジニアではなく「デジタルで何ができるか」と「自社のビジネス」を共に理解している人材。
でも経営陣にITの知識がない。IT部門はビジネスのことを知らず、ビジネス部門はITのことを知らない。
そのためまずはITに比較的明るい若手に挑戦させるカルチャーを持つこと。
そのための環境と時間と教育を用意する覚悟を持つことです。


マーケティングって・・・「市場調査」のことだよね?
こう考えている人ってまだまだ多いと思うんです。

これはマーケティングリサーチという言葉があるので、そう勘違いして覚えてしまっているんだと思います。

ドラッカーは、「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。」
「マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。」
と言っています。

まずお客様のベネフィット(求める価値・便益)をしっかりと理解すること。
そしてそれにあった商品やサービスを展開すること。
DXによって爆発的に増えた競合他社と比較した際の差別的優位点を持つこと。

これこそがDXの時代のマーケティングに最も必要なことだと考えています。




半年にわたって行わせていただいた備商様のイノベーションチャレンジ企画。
先日最終回を迎えました。

DXによって世の中のビジネス環境が大きく変わっていく中、自分たちがどのようにこれから生き残り成長していくのか。
それを社員自らが主体的に考え実行するための企画です。

最終回は全5組によるビジネスプランの発表会を行い、最終的にグランプリを決めました。
中にはプラン自体はよくできているのに最終のプレゼンでうまくいかなかったりと、もったいないチームもありました。
(そこは私のご指導不足の点も否めません。。。)

ですがこの企画は良いビジネスプランを作ることはもとより、「DXに対応するため主体的に考え実行する人材の育成」が目的です。

そういう意味では、アンケートにも「もっともっと自分たちで考えられるようにならなくては」「この半年で成長が実感できた」と書いていただくなど、前向きな意見もたくさんいただくことができました。

もちろん通常業務を行いながら研修に参加したり、新規事事業を考えたりすることは簡単なことではありません。

でもするしかない、変わるしかないと考えています。

DXというのはそれだけ大きな変革です。

この大変革期を機に共に成長できますよう、これからも頑張っていきましょう!

備商の皆様、ありがとうございました。
まずはお疲れ様でした。



ページ
上部へ